【要約】5分で読める『答えのないゲームを楽しむ 思考技術』まとめ 戦略コンサル式ロジカル思考

【要約】5分で読める『答えのないゲームを楽しむ 思考技術』まとめ 戦略コンサル式ロジカル思考法 ビジネス

どうも、TJです!(自己紹介はこちら

今回ご紹介するのは、元戦略コンサルである高松智史さんが書かれた「「答えのないゲーム」を楽しむ 思考技術」です。

本書では、答えのない問いに対して「考えること」が楽しくなるような、深く面白く考える技術について解説されています。

「深い思考能力を手に入れたい」「もう思考が浅いなんて言われたくない」と考えている方は必見の内容となっております。

それではさっそく見ていきましょう!


↑Amazonでチェックする

『「答えのないゲーム」を楽しむ 思考技術』の核心を解き明かす

現代ビジネスは、不確実性と変動性が常に伴います。

この状況下で生き残るためには、正解のない問題に対しても柔軟かつ創造的に対応する能力が求められます。

本書『「答えのないゲーム」を楽しむ 思考技術』では、そうした能力を養うための具体的な方法として、「示唆の力」「建設的な議論の進め方」「複数の選択肢から最良の解を選ぶ技術」などが紹介されています。

これらの技術は、単に仕事の効率を上げるだけでなく、個人の思考力や問題解決能力を根本から高めることを目指しています。

示唆の力:「桃太郎ワーク」から学ぶ

示唆を見出すプロセスの詳細

桃太郎の物語を例に取り、どのようにして日常の出来事から示唆を引き出すかの具体的なプロセスを解説します。

重要なのは、事実(ファクト)とそこから導き出される意味(示唆)を区別すること。

事実は客観的な情報ですが、示唆はその事実を基にした主観的な解釈や考察です。

このプロセスを通じて、読者はどのような状況でも有用な洞察を得るための思考方法を学びます。

ファクトと示唆の区別

ファクトと示唆を区別することの重要性とその方法について掘り下げます。

例えば、ファクトは「桃太郎はキビ団子で猿、犬、キジを仲間にした」ですが、示唆は「大きな目標を達成するには、仲間との協力が必要」となります。

この区別を理解することで、情報をより深く、戦略的に分析する能力が養われます。

「桃太郎ワーク」の具体例と実践方法

「桃太郎ワーク」を実際に適用する方法と、それを通じて得られる示唆の例を紹介します。

桃太郎の物語から異なるファクトを選び、それぞれに対する示唆を導き出し、どのようにその示唆が現実の問題解決に応用できるかを考察します。

建設的な議論の進め方

B〇条件の解説と適用

B〇条件とは、議論を有益なものにするために相手の主張が成り立つ条件を設定し、その条件が現実に即していないことを示すことで、自分の意見を前に進める技術です。

このセクションでは、B〇条件を用いた議論の進め方と、それを通じてどのように合意形成を目指すかを詳しく説明します。

議論におけるB〇条件の重要性

B〇条件を使うことのメリットと、それによってどのように議論が建設的なものになるかを具体例を交えて解説します。

例えば、ある提案が特定の条件下でのみ有効であることを明らかにし、その条件が現実には存在しないことを示すことで、より現実的な提案へと議論を導くことができます。

実生活でのB〇条件の応用例

ビジネス会議だけでなく、日常生活における様々な場面でB〇条件をどのように応用できるかについての例を提示します。

たとえば、家族内での意見の相違を解決する場面や、友人間の計画を立てる際など、交渉や意見の衝突がある場合に、相手との共通理解を築くための有効な手段として紹介します。

複数の選択肢から最良の解を選ぶ技術

答えのない問題へのアプローチ

答えのない問題に直面した際には、可能な限り多くの選択肢を検討し、それぞれのメリットとデメリットを評価することが重要です。

このセクションでは、そのような状況で冷静かつ効果的な意思決定を行うためのアプローチを紹介します。

具体的には、異なる解決策を横に並べて比較し、それぞれの長所と短所をバランスよく考慮する方法を学びます。

選択肢の比較と評価方法

複数の選択肢を比較し、評価する際の具体的な方法論を解説します。

重要なのは、各選択肢が提供する価値と、それに伴うコストやリスクを正確に理解することです。

このプロセスを通じて、最終的な決定を下す際に、より情報に基づいた選択が可能になります。

最適な解決策の選択プロセス

最適な解決策を選ぶためのプロセスには、目的の明確化、選択肢の生成、それらの選択肢に基づく評価、そして最終的な選択が含まれます。

このセクションでは、これらのステップを具体的に実行する方法と、それぞれの段階で考慮すべき重要なポイントについて解説します。

日常生活における「答えのないゲーム」の適用

ビジネス以外での思考技術の応用

本書で紹介されている思考技術は、ビジネスシーンだけでなく、日常生活の様々な場面で有効です。

このセクションでは、家庭内での意見の不一致を解決する方法、個人的な目標を設定し達成するプロセス、さらには趣味や学習における意思決定など、日常生活での応用例を紹介します。

家庭での決断プロセスへの適用

家庭内での決定を行う際に、示唆を見出す技術やB〇条件を用いることで、よりスムーズな意思決定が可能になります。

たとえば、家族旅行の目的地を決める際に、各選択肢のメリットとデメリットを比較し、全員が納得できる解決策を見つける方法について解説します。

個人的な目標達成のための戦略

個人的な目標を設定し、それを達成する過程で直面する「答えのない問題への取り組み方」に対処するための戦略について考察します。

目標達成のためには、まず何を達成したいのかを明確に定義し、次にその目標に向けての行動計画を立てます。

このプロセス中に、「答えのない問題」が多数生じることがありますが、本書で紹介される思考技術を活用することで、これらの問題に対しても柔軟かつ効果的に対応することができるようになります。

それぞれの選択肢を検討し、可能な結果を想像しながら、最も現実的で達成可能な計画を立てることが重要です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

答えのない問いに対して、ファクトと示唆を区別して考えることの重要性を理解いただけたのではないでしょうか。

ビジネスにおいて、限られた情報の中から良い示唆や仮説を導き出し、「考えること」を楽しみましょう。

ではまた!


↑Amazonでチェックする

タイトルとURLをコピーしました